Contents:ちょっとしたものを置く場所
		
【ゼーガペインフリスベルグとオリキャラを活躍させたかっただけのSS】 『敵残存勢力、戦闘開始時の30%までに減少。戦線、維持されています。』 戦況を報告するフォセッタの声が耳に入る。 「了解。向かってきてる敵は?」 すぐさま後ろに向かって声をかけた 「上空、12の方向にまとまって3機、地上、8時4時に1機づつ」 「わかった」 操縦桿を引き、見晴らしの良い場所の地面に降り立つ。 「対空、マイン」 「OK、準備できてるよ」 上空にまとまってきてる編隊に向かい、ホーミング弾を放つ。ついでに、地上牽制にも数発放っておく。 「命中2、残りは、回避に加え進行ルートを変更してるみたい。」 「上等。次、ランチャー」 「はい、ランチャー展開」 敵が来る方向に半身を向け、ランチャーの展開を待つ。さっきホーミングを回避した敵は、大きく右側にかじを切りなおしたようだ。地上の機体の 後ろにつくつもりだろう。……ならこのまま右側の敵をけん制しつつ、左の敵から片付けようか。 「ランチャー展開完了。右は飛距離上げといた」 「……はいよっ!」 思考を先読みされるのはいつもの事だ。今更驚いたりはしない。まずは敢えて外すつもりで右側の敵の進行方向に一発。連射が効かない右は休ませ、 左にあいさつ代わりに一発。二発、三発と適当に撃ち散らしながら、再び意識を右側に向ける。今度は半分くらい当てるつもりで一発。攻撃が かすったのだけを確認したら、すぐさま本格的に左の敵機へ意識を移す。そのまま自らの機体も左へ舵を切り、大きく接近しながら畳みかける。 「右の敵、思いのほかクリーンヒットしたみたいだね。進撃速度大きく低下。」 今日は調子がいい。口元が緩むのを感じながらも、攻撃の手は緩めない。攻撃が弱まったのを機に、足元を重点的に狙う。数発が命中し、動きが止まった。 「右手をシールドに」 「オーケー。」 へヴィシールドが展開されたことを確認し、突撃。散発になってきた攻撃をよく観察し、直撃弾をシールドではじく。その間に、額の意識を相手に集中。 一度意識が相手に狭まり……瞬間、最初よりも大きく広がる感覚。瞬間、右手を、敵機に向けた。 「敵機の撃墜確認。……なんか今日は動きが凝ってるね。」 「いいだろ、たまには。ひとまず残り2機だな?」 「うん。……まって、残り一機みたい。さっき足を止めた一機を後方のゼーガタンクが撃墜」 「うっわ、美味しいところ取られた!……まぁいいや、残りの一つは?」 「まっすぐタンクの位置に向かってる」 「よし、じゃあ回り込んで後ろをとる。トリは渡さねぇぞ!」 「ふふ、りょーかい」 「あ、今ガキっぽいって思ったろ!」 「思ったよ?」 「そこは嘘でも思ってないって言えよ!」 冗談もそこそこに、操縦桿を引いて空へと飛びあがった。非現実感のただよう、しかしまぎれもなく現実の、透明な光の翼を羽ばたかせながら。 (2016 03 25)